次回作

未だに「薬と魔法のミーリエル」のご感想がちょくちょく届きます。ありがとうございます。「エリスのエロがないからクソゲー!」はもう十万回ぐらい言われました。……そうして悲しみに打ちのめされた心が回復し、こうして普通にblogを綴れるようになるまで数ヶ月のリハビリを要したのです(嘘)

なんというか、副菜含めて料理が認められるかというのは本当に悩みどころで、ついつい控えめにしてしまうんですが、エルミアもレニカもそれで怒られていたような気がしますよ。おかげさまで多少は踏み込んだことも出来る自信も付いたので、次はもっと豊かなゲームになるように色々と織り込み済みで設計しています。理想品質へのあくなき追求。大幅なボリューム増。水晶に浮かび上がる「エターナル」の文字……パルティア教団の運命や如何に(嘘であってほしい)

ミーリエルは元々、根幹となるシステムを作るための作品でした。幸いその辺は評判が良いみたいでほっとしていますが、遊びの部分は何かしら変化がないと面白くない、かといって何もかも変わってもしょうがないので、今はバランスの取り方にちょっと手を焼いているところです。それに「あそこはゲーム性とストーリー重視でエロはちょっと」とか言われるのも不本意なのでね。サービスしますよ、旦那。

ともあれ、少し時間のかかりそうな作品ですので、気長にお待ち頂ければ幸いです。